ZOKEI.TOKYO/MEETS - ポートフォリオ作成要領

ポートフォリオ作成要領

ポートフォリオは、
以下の(A)(B)(C)の各区分の資料を必要に応じて組み合わせながら、自由な形式でA4判ファイル1冊にまとめてください。
資料全体で30~60ページ程度にまとめてください。
ポートフォリオの具体的な作成方法については「ポートフォリオ作成上の注意事項」を参照してください。

区分(A) 基礎的能力を示す資料

デザイン・美術に関する基礎的能力を示す以下のような資料

デッサン、クロッキー、平面構成、立体構成、ドローイング、油彩画、水彩画、版画、彫刻、塑造、工芸、写真、映像、CG、アニメーションなど

区分(B) 専門的能力を示す資料

志望する専攻領域と関連した能力や実績を示す以下のような資料

  • 自主的にテーマや課題を掲げ制作した作品など、自分の能力をアピールするための作品
  • 継続して取り組んでいる創作活動や制作物
  • 創作活動や制作物のコンセプトやプロセスをまとめた資料(エスキース、絵コンテ、脚本、調査研究資料なども含む)

区分(C) その他の活動に関する実績を示す資料

上記(A)(B)の資料以外で自分の能力や活動の実績をアピールする資料

  • 学校内や地域社会での共同制作、文化祭や学校行事などでの創作活動の資料
  • 部活動やその他の活動についての資料
  • 資格・検定などの認定証、展覧会・コンクール・大会などの賞状や、参加状況がわかるパンフレットなどの資料

ポートフォリオ作成上の注意事項

  • 表紙に氏名、出願する専攻領域名を記してください。
  • はじめに目次とプロフィール(形式自由)を記してください。
  • 各ページに番号をつけて目次と対応させてください。
  • (A)(B)(C)の区分を2つ以上組み合わせてまとめてください。
  • (A)(B)(C)の区分ごとに区切りを付けるなど、各資料がどの区分に該当するか見分けがつきやすいように工夫してください。
  • (A)または(B)のどちらの区分に分類するか判然としない作品・資料は、本人の判断でどちらに分類しても構いません。
  • 共同制作・共同活動などの資料は出願者本人が担当した内容がわかるようにしてください。
  • 作品資料や活動資料は、作品名・サイズ・素材・制作時期や活動期間(年/月)などを記してください。
  • 資料として収録する作品や活動が、自主的なものか、学校などの課題によるものかを区別して明示してください。課題の場合には、どの学校や組織での課題であったのか、またその課題内容はどのようなものであったかを記してください。
  • 必要に応じて資料にコメント(制作意図・制作または活動したときに考えたことなど)を記してください。
  • 資格や検定の認定証および賞状などの実績証明資料は、1ページごとに1資料を貼ってください。実績証明資料の出典、刊行年、および出願者本人が関わった内容などが分かるように工夫をしてください。


※ポートフォリオに映像作品やCG作品などのデジタルデータを入れたい場合

映像作品やCG作品などのデジタルデータを資料として示す場合は、以下の条件に したがってください。

  • 映像作品は3分以内とします。ただし、映画・映像専攻領域を志望する場合は10分程度の作品も可とします。作品を収録したDVDをポートフォリオに入れてください。
  • 静止画像の場合は作品全体の概要が3分以内で把握できるものとします。DVDまたはCDのいずれかに収録してポートフォリオに入れてください。
  • ポートフォリオにDVD・CDを入れる場合は、動作する環境と操作手順を明記した文章(ファイル形式、使用するアプリケーション等)を記してください。



だれかで終わるな。って何?